Junos OS用語集

|ネットワーク機器をお探しなら、Juniper Networks製品をお勧めいたします。

MENUCLOSE
主なカテゴリ

Junos OS用語集Junos OSを搭載したSRXシリーズ/EXシリーズの専門用語集です。Junos OS用語集Junos OSを搭載したSRXシリーズ/EXシリーズの専門用語集です。

  • A B C
  • D E F
  • G H I
  • J K L
  • M N O
  • P Q R
  • S T U
  • V W X
  • Y Z

A

用語 説明 対象製品 関連項目
Access Manager SRXシリーズのDynamic VPN機能においてクライアント側にて使用するアプリケーションの名前 SRX Dynamic VPN
Junos Pulse
Active configuration 現在稼動しているコンフィグ SRX / EX Candidate
configuration
Advanced Feature License EXシリーズの機能拡張ライセンス
EX4200,EX8200では本ライセンスを投入することでBGP,IS-IS,GRE, MPLS, IPv6が有効となる
また、EX3300では本ライセンスを投入することでBGPが有効となる。
ただし、EX3300の場合はEnhanced Feature Licenseを事前にインストールしておく必要がある
EX Enhanced Feature License
ae I/F Aggregated Ethernet I/Fを示すI/F名LAG設定時に使用 SRX / EX LAG
Anti-Spam SRXシリーズのUTM機能のひとつ
メールの送信元を調査し拒否/タグ挿入を行う機能
SRX AS
Anti-Virus SRXシリーズのUTM機能のひとつ
パターンファイル照合によるウイルススキャンを行う機能
SRX AV
Express AV
Full AV
AS SRXシリーズのAnti-Spam機能の略 SRX Anti-Spam
AV SRXシリーズのAnti-Virus機能の略 SRX Anti-Virus
Express AV
Full AV

このページの先頭へ

B

用語 説明 対象製品 関連項目
backup EXシリーズのVC機能にてREがbackupとして動作している機器 EX BK
RE
VC
BK EXシリーズのVC機能におけるbackupの略 EX backup
VC
Branch model SRXシリーズのSRX650以下のモデルの総称
主に小規模~中規模で使用される
SRX Data Center
model

このページの先頭へ

C

用語 説明 対象製品 関連項目
Candidate
configuration
現在編集中のコンフィグ (commitすることでActive configurationに反映される) SRX / EX Active
configuration
commit
rollback
CC SRXシリーズが持つChassis Cluster機能の略 SRX chassis cluster
fab I/F
fxp0 I/F
fxp1 I/F
jsrpd
reth I/F
RG
RTO
chassis cluster SRXシリーズにて実現する冗長化方式 (セッション同期, RTO同期が可能)
chassis clusterにおいてはfxp0 / fxp1 / fab の3つのI/Fを使用
SRX CC
fab I/F
fxp0 I/F
fxp1 I/F
jsrpd
reth I/F
RG
RTO
chassisd FPCとシャーシを監視する温度センサなどの各種センサを管理するChassis Daemon
シャーシステータスの情報を/var/log/chassisdに格納する
SRX / EX FPC
I2C
CLI Command Line Interfaceの略
Junos OSのオペレーションを行う基本となるコマンドベースのユーザインタフェース
SRX / EX configration mode
operation mode
shell mode
commit Candidate configuration (編集中のコンフィグ) をActive configuration (稼動中のコンフィグ) に反映させる操作 SRX / EX Active configu-ration
Candidate
configuration
rollback
configration mode Junos OSにおいてsetコマンド等の設定コマンドを入力するモード
プロンプトとして「#」が表示される
SRX / EX operation mode
shell mode
Contents Filtering SRXシリーズのUTM機能のひとつ
HTTPメソッドやHTTP内のActiveX, exe, http-cookie, java-applet, zipをチェックし通信制御を行う機能
SRX  
Control Plane REが稼働しているPlane
フォワーディングテーブルの作成, PFEへのコピー, ルーティング情報の維持・管理, シャーシのコントロールとモニタリング, PFEの管理を行う
SRX Forwading Plane
PFE
RE
CRM SRXシリーズであるSRX3400, SRX3600用Clustering Module
コントロールリンク(fxp1 I/F)の冗長を実現するハードウェアモジュール
SRX fxp1 I/F

このページの先頭へ

D

用語 説明 対象製品 関連項目
DAC(Direct Attach Cable) 両端にSFP+モジュールが付いたメタルケーブル。主にEX3300シリーズにおいてVCを構成するときに使用 EX  
Data Center model SRXシリーズのシャーシ型モデル
(SRX3400, SRX3600, SRX5600, SRX5800)の総称
主にキャリア, データセンタなどの大規模拠点で使用される
SRX Branch model
High-end model
Dynamic VPN SRXシリーズ用クライアントVPN機能
(同時接続ユーザライセンスにて提供)
SRX Junos Pulse

このページの先頭へ

E

用語 説明 対象製品 関連項目
EEOL Extended End of Life
通常のEOL(15ヶ月[EOE + 6ヶ月])よりも長期間のサポート(3年半[EOE + 6ヶ月])を行うOS
第四四半期(10月~12月)にリリースされるバージョンが該当する
SRX / EX FRS date
Enhanced Feature License EXシリーズの機能拡張ライセンス
EX2200-C/EX2200/EX3300では本ライセンスを投入することで多くの機能を利用することが出来る
[参考URL]
http://www.juniper.net/techpubs/en_US/junos/topics/concept/ex-series-software-licenses-overview.html
EX Advanced Feature License
ethernet-switching subsystem Port-VLAN/Tag-VLANなどethernet-switching機能を提供するJunos OSのサブシステム SRX / EX  
Express AV SRXシリーズのUTM機能のひとつ
パケット単位でScanを行うAV機能
SRX Anti-Virus
AV
Full AV

このページの先頭へ

F

用語 説明 対象製品 関連項目
fab I/F SRXシリーズのCC機能にて使用するデータリンク用I/F名 SRX CC
fe I/F First Ethernet I/F (10/100 Mbps I/F) を示すI/F名 SRX  
FBF Filter Based Fowardingの略 SRX / EX Filter Based
Fowarding
FF Firewall Filter機能の略 SRX / EX Firewall Filter
Filter Based Fowarding ポリシーベースルーティングと同等の機能 SRX / EX FBF
Firewall Filter 通信の許可/不許可をパケットベースで規定する際に用いるJunos OS共通の機能 SRX / EX FF
Forwading Plane Control PlaneからForwarding Tableを受け取り、パケットを転送するPlane SRX Control Plane
PFE
FPC Flexible PIC Concentratorの略
PICを収容しレイヤ2レベルのフレーミング処理を行うハードウェア(Slotまたはモジュール)
SRX / EX chassisd
PIC
FRS date Junos OSの各バージョンごとのファーストリリース日(リビジョンR1のリリース日)
EOL/EEOLはこの日から起算される
SRX / EX EEOL
Full AV SRXシリーズのUTM機能のひとつ
パケットを解析し転送されているファイルを内部で構築した後にファイル単位でScanを行うAV機能
SRX Anti-Virus
AV
Express
AV
fxp0 I/F SRXシリーズのCC機能にて使用する管理用I/F名
Data Center modelにおいては管理専用I/F (fxp0 I/F)を標準で搭載している
SRX CC
Data Center-
model
fxp1 I/F SRXシリーズのCC機能にて使用するコントロールリンク用I/F名 SRX CC
CRM

このページの先頭へ

G

用語 説明 対象製品 関連項目
ge I/F Gigabit Ethernet I/F (10/100/1000 Mbps I/F) を示すI/F名 SRX / EX  
GRES(Graceful Routing Engine Switchover) VC構成時、Master機器に障害が発生しても、リンクダウンが発生せずパケットのフォワーディングが可能になる機能 EX Virtual Chassis

このページの先頭へ

H

用語 説明 対象製品 関連項目
High-end model SRXシリーズのシャーシ型モデル(SRX3400, SRX3600, SRX5600, SRX5800)の総称
Data Center modelとも呼ぶ
SRX Branch model
Data Center-
model

このページの先頭へ

I

用語 説明 対象製品 関連項目
I2C Inter-Integrated Circuitの略
I-squared-Cと発音しハードウェアの監視やセンサーの読み取りに用いられるシリアルバス
SRX / EX  
IDP SRXシリーズのUTM機能のひとつ
Juniper社が提供するIDS/IPS機能
Intrusion Detection and Preventionの略称
SRX  
inet.0 IPv4 unicastのルーティングテーブル名 SRX / EX inet6.0
inet6.0 IPv6 unicastのルーティングテーブル名 SRX / EX inet.0
IOC SRXシリーズのシャーシ型モデルに搭載するI/O Cardハードウェアモジュール SRX NPC

このページの先頭へ

J

J-Web 設定・運用・管理を行うブラウザベースのGUIの総称 SRX / EX  
jsrpd SRXシリーズのCC機能をつかさどるJuniper Services Redundancy Protocol Daemon
CC機能のステータスやI/F Link Up/Downステータスの情報を/var/log/jsrpdに格納する
SRX CC
chassis cluster
Junos OS SRXやEXシリーズにて動作しているオペレーティングシステム SRX / EX Junoscript
Junos Pulse SRXシリーズのDynamic VPN機能においてクライアント側にて使用するアプリケーションの名前 (Access Managerの後継)
SA/IC/SRX/WXなど各種Juniper製品と接続するクライアントを統合したアプリケーション
[参考URL]
https://www.juniper.net/jp/jp/products-services/software/junos-platform/junos-pulse/
SRX Access Manager
Dynamic VPN
Junos Space オープンで拡張性に優れたネットワーク・アプリケーション・プラットフォーム
[参考URL]
https://www.juniper.net/jp/jp/products-services/software/junos-platform/junos-space/
SRX / EX  
Junoscript Junos OS上で動作するスクリプト
Commitスクリプト, Operationスクリプト, EventスクリプトがありJunos OS上で運用・管理の自動化を実現する
[ドキュメント]
http://www.juniper.net/us/en/community/junos/training-certification/day-one/automation-series/
[サンプルスクリプト]
http://www.juniper.net/us/en/community/junos/script-automation/
SRX / EX Junos OS

このページの先頭へ

K

用語 説明 対象製品 関連項目
kmd SRXシリーズのIPSecVPNの鍵管理をつかさどるKey Management Daemon
鍵交換ステータスの情報を/var/log/kmdに格納する
SRX st0 I/F

このページの先頭へ

L

用語 説明 対象製品 関連項目
LAG Link Aggregation Groupsの略
複数の物理的な回線を仮想的に束ねあたかも1本の回線であるかのように扱う技術
SRX / EX ae I/F
LC Line Cardの略 EX VC
LCD panel EXシリーズのEX4200, EX8200においてLCDにて機器の状態確認および操作が可能なパネル EX  
Line Card EXシリーズのVC機能にてREは動作させずスイッチングの役割のみを行う機器 EX backup
master
RE
VC
lo0 I/F Loopback I/Fを示すI/F名 SRX / EX  

このページの先頭へ

M

用語 説明 対象製品 関連項目
master EXシリーズのVC機能にてREがマスターとして動作している機器 EX RE
VC
me0 I/F EXシリーズにて使用するManagement Ethernet I/F (管理用I/F) を示すI/F名 EX  
messages 内部ストレージ/var/log/に保存されるシステムログのファイル名 (factory-default設定のsyslog設定にて定義されている)
イベントやプロセスなどのシステムログ情報を格納する
SRX / EX  
mgd Junos OSの管理機能をつかさどるManagement Daemon SRX / EX  

このページの先頭へ

N

用語 説明 対象製品 関連項目
NPC SRXシリーズのSRX3400, SRX3600に搭載するNetwork Processing Cardハードウェアモジュール
FF機能, QoS機能, 多くのScreen機能を提供する
SRX5600, SRX5800ではIOC内にNPCの機能が含まれる
SRX IOC
FF
Screen
NSB(Nonstop Bridging) マスターRoutingEngineに障害が発生し、RoutingEngineが切り替わった際、L2プロトコルセッション処理のダウンタイムを可能な限り0に近い状態で実現する機能 EX routing engine
NSR(Nonstop Active Routing) マスターRoutingEngineに障害が発生し、RoutingEngineが切り替わった際、L3プロトコルセッション処理のダウンタイムを可能な限り0に近い状態で実現する機能 EX routing engine
NSSU(Nonstop Software Upgrade) OSのアップグレードで発生するダウンタイムを限りなく0に近い状態で実現する機能 EX routing engine

このページの先頭へ

O

用語 説明 対象製品 関連項目
operation mode Junos OSにおいてshow コマンド等の機器の状態を確認するコマンドを実行するモード
プロンプトとして「>」が表示される
SRX / EX configration -
mode
shell mode

このページの先頭へ

P

用語 説明 対象製品 関連項目
packet-forwarding-engine Junos OSのパケット転送機能をつかさどる部分 SRX / EX PFE
PEM Power Entry Moduleの略 (電源モジュール) SRX / EX  
PFE Packet Forwarding Engineの略 SRX / EX packet-
forwarding-engine
PIC Physical Interface Card
I/Fを搭載するハードウェア
SRX / EX FPC
pp0 I/F SRXシリーズにてPPPoE接続を実現するPPPoE I/F名 SRX  
preference Junos OSにてルート情報の優先度を規定するパラメータ
他社製ルータのAD (Administrative Distance) 値と同義
SRX / EX qualified 
next hop

このページの先頭へ

Q

用語 説明 対象製品 関連項目
qualified next hop スタティックルートにおいてpreferenceやmetricによって異なるNext-Hopを指定する機能 SRX / EX preference

このページの先頭へ

R

用語 説明 対象製品 関連項目
RE Routing Engineの略 SRX / EX routing engine
red alarm majorレベルのalarmを示すLEDの色 SRX / EX yellow alarm
redundancy-group SRXシリーズのCC機能にて使用する冗長グループの定義
RG:0はRE専用, RG:1以降にI/Fを所属させ使用する
SRX CC
RG
Rescue configuration ハードウェアスイッチにて呼び出すことが可能なリカバリ用設定
rollback機能でも使用可能
SRX / EX rollback
reth I/F SRXシリーズのCC機能にて使用するredundant ethernet I/F名 SRX CC
RG SRXシリーズのCC機能にて使用するredundancy-groupの略 SRX CC
redundancy-
group
rollback 過去にcommitした設定ファイル(最大50世代管理)をCandidate configurationとして読み込む機能
現在稼動している設定(Active configuration)はrollback 0となる
Junos OSのソフトウェアパッケージ自身のロールバック機能を指す場合もある
SRX / EX Active 
configuration
Candidate 
configuration
commit
Rescue 
configuration
root Junos OSの管理者ユーザ名 SRX / EX  
routing engine Junos OSのルーティングおよび管理機能をつかさどる部分 SRX / EX RE
Routing Policy ダイナミックルーティングプロトコル使用時にルートのImport/Export方法を規定するルール群 SRX / EX  
RSI request support informationの略
このコマンドを実行するだけでおおよそ全てのシステム情報の取得が可能
SRX / EX  
RTG EXシリーズにてインタフェースの冗長化をする際に使用
Redundant Trunk Groupの略
EX  
RTO SRXシリーズのCC機能にて同期するRuntime Object (動的に生成されるARPテーブル情報など) SRX CC

このページの先頭へ

S

用語 説明 対象製品 関連項目
SCB SRXシリーズのSRX5600, SRX5800に標準搭載されているSystem Control Boardハードウェアモジュール SRX   
Screen SRXシリーズ特有のFirewall機能の総称
DoS/DDoS攻撃の検知・防御をつかさどる機能
SRX NPC
SPC
Security Policy SRXシリーズにて設定した1つまたは複数のSecurity Zone間の通信許可/拒否を制御するルール SRX Security Zone
Security Zone SRXシリーズのSecurity Policy機能にて通信許可/拒否を制御するために必要な1つ以上のセグメントの集まり SRX Security Policy
SF EXシリーズのEX8208, EX8216で使用されるSwitch Fabricハードウェアモジュール EX  
SFB SRXシリーズのSRX3400, SRX3600シリーズに標準搭載されているSwitch Fabric Boardハードウェアモジュール SRX  
shell mode CLIからrootユーザにてログインした直後に遷移するモード
UNIXベースのファイル操作が可能であるが基本的に使用することはない
プロンプトとして「%」が表示される
> start shell コマンドにて遷移可能
SRX / EX CLI
configration -
mode
operation mode
root
SPC SRXシリーズのSRX3400, SRX3600, SRX5600, SRX5800に搭載するServices Processing Cardハードウェアモジュール
ステートフルFirewall, NAT, IPSecVPN, DoS/DDoSの検知・防御, IDS/IPS機能を提供する
SRX Screen
SRE EXシリーズのEX8208で使用されるSwitch Fabric and Routing Engineハードウェアモジュール EX  
st0 I/F SRXシリーズにてIPSecVPNを実現するtunnel I/F名 SRX kmd
Static NAT SRXシリーズで使用可能なNAT機能のひとつ
仮想IPとそれに紐づくホストとを1対1にてNATする機能の総称(Port変換は行わない)
SRX  
Stratus Project Juniper社が進めている大規模プロジェクトの総称
Juniper社が信頼を積み上げてきた「ハイパフォーマンスネットワーキング」の品質をデータセンタのストレージやコンピューティングなどそのほかのさまざまな分野でも提供することを目的としている
SRX / EX  

このページの先頭へ

T

用語 説明 対象製品 関連項目
term Firewall Filter機能において、フィルタリングする条件を記述するコマンド SRX/EX Firewall Filter
traceoptions Junos OSのデバッグ機能を実現する設定 SRX / EX  

このページの先頭へ

U

用語 説明 対象製品 関連項目
unit number 論理I/Fを示す識別番号 (I/F名の後ろに「.」をつけて表現する)
1つの物理I/Fには1つ以上の論理I/Fを設定し使用する
単一の論理I/Fを使用する場合はunit 0を用いる (例: ge-0/0/0.0)
複数の論理I/Fを使用する場合はunit 0以外も使用可能 (例: vlan.100)
SRX / EX  

このページの先頭へ

V

用語 説明 対象製品 関連項目
VC EXシリーズのEX4200にて使用可能なVirtual Chassis機能の略 EX Virtual Chassis
vme I/F
VCEP EXシリーズのVC機能にて用いるVirtual Chassis Extended Portの略
VC機能にて機器同士を接続する際に使用する10GbEまたはGbEの汎用ポート (最長接続距離: 80km)
EX VC
VCP EXシリーズのVC機能にて用いるVirtual Chassis Portの略
EXシリーズのVC機能にて機器同士を接続する際に使用する通信帯域128Gbpsの専用ポート (最長接続距離: 5m)
EX VC
Virtual Chassis EXシリーズのEX4200にて使用可能なスタック機能 EX VC
vme I/F
Virtual Router Routing Tableを論理的に分割し、独立したネットワークを提供する仮想ルータ機能 SRX / EX VR
vlan I/F VLAN I/Fを示すI/F名 SRX / EX  
vme I/F EXシリーズのVC機能にて使用するVirtual Management Ethernet I/F (VCにて共通の管理I/F)を示すI/F名 EX VC
VR Virtual Router機能の略 SRX / EX Virtual Router
VSTP EXシリーズにて実装しているVLAN Spanning Tree Protocolの略
Cisco社仕様のPVST+, RPVST+と互換性有り (相互接続可能)
EX  

このページの先頭へ

W

用語 説明 対象製品 関連項目
WF SRXシリーズのWeb Filtering機能の略 SRX Web Filtering
Web Filtering SRXシリーズのUTM機能のひとつ
HTTPリクエストについてカテゴリ情報を調査し許可/拒否を制御する機能
SRX WF

このページの先頭へ

X

用語 説明 対象製品 関連項目
xe I/F 10 Gigabit Ethernet I/F (10 Gbps I/F) を示すI/F SRX / EX  
XRE200 EXシリーズのEX8208, EX8216においてVC構成を行う際に必要な外部REハードウェア EX VC

このページの先頭へ

Y

用語 説明 対象製品 関連項目
yellow alarm minorレベルのalarmを示すLEDの色 SRX / EX red alarm

このページの先頭へ

Z

用語 説明 対象製品 関連項目
zeroize SRXシリーズにおいてrootパスワード, ログファイル, ユーザが保存したファイルなどを削除し機器を初期化する機能
> request system zeroize コマンドにて実施可能
モデルやJunos OSのバージョンにより機能しない場合もある
SRX  

このページの先頭へ

  • A B C
  • D E F
  • G H I
  • J K L
  • M N O
  • P Q R
  • S T U
  • V W X
  • Y Z

関連ソリューション

このページの先頭へ

Juniper(ジュニパー)について

Juniper Networks社は、小規模オフィスから大規模拠点まで適用可能な 次世代ファイアウォール/スイッチ/ルーターなど、 ネットワークとセキュリティを軸に幅広いソリューションを提供している企業です。

Juniper製品ラインナップ ネットワーク機器をお探しなら、Juniper Networks製品をお勧めいたします。以下の製品をご用意しています。

トップページへ戻る

ページの先頭へ