Juniper EX/QFXシリーズ

|スイッチ製品をお探しなら、Juniper EX/QFXシリーズをお勧めいたします。

MENUCLOSE
主なカテゴリ
  • ネットワーク
  • イーサネットスイッチ/ファブリックスイッチ

Juniper Networks
EX/QFXシリーズ

ハイパフォーマンスで運用性に優れたネットワークが求められている中、EX/QFXシリーズは、Virtual Chassis技術による高い可用性をもちながらJUNOSソフトウェアによる運用性によって、ハイパフォーマンスで安定したネットワーク構築が可能です。情報ネットワークの基盤となりCSRやTCO削減を支援いたします。

EXシリーズ

ネットワーク

イーサネットスイッチ/ファブリックスイッチ

Juniper NetworksEX/QFXシリーズ

ハイパフォーマンスで運用性に優れたネットワークが求められる中、EX/QFXシリーズは、Virtual Chassis技術による高い可用性をもちながら、JUNOSソフトウェアによる運用性によって、ハイパフォーマンスで安定したネットワーク構築が可能です。情報のネットワークの基盤となりCSRやTCO削減を支援いたします。

EXシリーズ

  • 製品情報
  • 製品仕様

カタログダウンロード

製品情報

  • ラインナップ
  • 概要
  • 特長
  • 導入効果
  • 関連ソリューション

ラインナップ

小規模~中規模向け 中規模~大規模向け
EX2300-C EX2300 EX3400 EX4300 EX4600 QFX5100
仕様 仕様 仕様 仕様 仕様

概要

Juniper Networks社のEX/QFXシリーズは、エンタープライズ環境や、データセンタ、キャリアなど幅広いフィールドを対象に今やネットワークに欠かせないL2/L3スイッチ機能を提供する製品です。
これまでJuniper Networks社は、ルーティングおよびセキュリティに特化した製品の提供をしてきましたが、スイッチに関しては提供しておりませんでした。このEX/QFXシリーズのリリースにより現在のネットワークに必須であるスイッチング、ルーティング、セキュリティを1つのベンダーから提供できるようになりました。SIの方には運用の効率化を、エンドユーザ様にはコスト削減をもたらすことができます。

このページの先頭へ

特長

バーチャルシャーシ

バーチャルシャーシ使用時におけるコストメリット

バーチャルシャーシ使用時におけるコストメリット

図を拡大する:バーチャルシャーシ使用時におけるコストメリット

  • 最大10台のEXシリーズを1台の仮想スイッチとして管理

    設定ファイルは一つのため、管理における負荷およびコストを削減します。
    また、機器が故障した場合においてもバーチャルシャーシ内の他の機器は継続的に動作し、通信を止めることなく容易に機器交換が可能です。
    ・EX2300-C/EX2300 最大4台によるバーチャルシャーシに対応(ライセンスが必要)
    ・EX3400 最大10台によるバーチャルシャーシに対応
    ・EX4300 最大10台によるバーチャルシャーシに対応
    ・EX4600 最大10台によるバーチャルシャーシに対応。またEX4300シリーズとバーチャルシャーシ構成をとることが可能
    ・EX8200 最大4台によるバーチャルシャーシに対応。(XREが必要)

  • 最大80km離れた場所でもスタックが可能

    ワイヤリング・クローゼット間、フロア間、ビル間にまたがるバーチャル・シャーシ構成が可能です。病院やキャンパスにおける施設跨ぎのバーチャルシャーシ構成など、物理的な設置における柔軟性を提供します。

  • バーチャルシャーシ間帯域:最大960Gbpsを提供

    最大960Gbpsというバーチャルシャーシ間帯域を提供します。よって、シャーシ型スイッチ同等の性能を満たすことが可能となります。
    各モデルの最大バーチャルシャーシ間帯域は、以下となります。
    ・EX2300-C:40Gbps
    ・EX2300:80Gbps
    ・EX3400:160Gbps
    ・EX4300シリーズ:320Gbps
    ・EX4600シリーズ:960Gbps

  • Junos

    キャリア系で鍛えられた実績のあるJunos(ソフトウェア)を使用

    複雑で高度な大規模ネットワークで使用されているルータと同じJunosの採用により信頼性の高いネットワークを提供します。
    また、Junosを搭載した製品によるネットワーク機器統一により、運用・管理コストの大幅な削減が可能となります。

    Juniperが選ばれる理由

  • コストパフォーマンス

    他ベンダと同等の性能を低価格で提供

    同等性能の他社スイッチに比べ機器単価を下げることが可能です。さらに、バーチャルシャーシ機能を使用した場合、アグリゲーション層を無くすことが可能となり、機器数量減少、ラックスペース節約、消費電力削減、保守費削減とネットワーク全体でのトータルコストを抑えることができます。

EX2300/EX4300のマルチギガビット対応モデル

イーサネットスイッチ「EXシリーズ」に新たにマルチギガビットのPoE+ポートを搭載したマルチギガビット対応モデルが登場。EX2300は最大1G/2.5Gbps、EX4300は1G/2.5G/5G/10Gbpsのマルチギガインタフェースをサポートしており、IEEE 802.11ac Wave 2アクセスポイントに対応しています。
マルチギガビット対応モデルを設置することにより、既存のcat5e/6ケーブルを利用して1Gbpsを超える通信速度を実現します。

マルチギガビット対応モデル導入メリット

■既存ケーブルを利用可能なため回線工事が不要
マルチギガビット対応モデルのスイッチに入れ替えるだけで、既存環境で利用していたcat5e/6ケーブルをそのまま利用可能なため、1Gbps以上の通信を低コストで実現可能です。

■追加モジュール不要で10Gインタフェースを利用可能
EX4300のマルチギガビット対応モデルでは、トランシーバなどのモジュールを追加することなく、最大24ポートの10GBASE-Tを利用可能です。

ユースケース

■既存のcat5e/6ケーブルを利用して、1Gbps以上の通信速度を実現

対象:
配線工事が困難なビル、オフィスなど
課題:
IEEE 802.11ac Wave 2アクセスポイントなど、最新のネットワーク機器は2.5Gおよび5Gでの接続が可能であるが現在主流のスイッチは1G/10Gbpsのどちらかにしか対応していない。そのため、ネットワーク機器の速度を生かすことができず、スイッチの1Gbpsに制限されてしまう。
また予算の都合上、配線工事を行うことができないが、建物に敷設済のcat5e/6ケーブルで2.5Gbpsの通信速度を実現したい。
解決策:
スイッチをマルチギガビット搭載モデルに置換
導入効果:
配線工事のコストや時間をかけずに、2.5Gbpsの通信速度を実現可能に。

■コストをかけずに10Gbpsの通信速度を実現

対象:
10Gインタフェースのスイッチが必要な環境
課題:
10Gインタフェースの利用にはトランシーバなどのモジュールが別途必要となり、使用するインタフェース分の費用が追加となってしまう。
解決策:
マルチギガビット搭載モデルにて10G BASE-Tを利用
導入効果:
10G BASE-Tインタフェースの場合はトランシーバなどの追加モジュールが不要なため、コストをかけずに10Gインタフェースを利用可能。

このページの先頭へ

導入効果

  • 管理、運用の簡略化

    SRXシリーズ等Junos OS搭載の他の製品と組み合わせてネットワーク構築することで、同一の操作性での管理、運用が可能となります。

  • コストダウンの実現

    バーチャルシャーシ機能により、従来はシャーシ型で導入していた環境にもボックス型のEX/QFXシリーズの導入が可能になり、導入/運用コストの削減が可能です。

  • セキュリティの強化

    UACと組み合わせ、LAN上のアクセスコントロールを強化。
    セキュリティの強化をネットワークにもたらします。

このページの先頭へ

資料ダウンロードはこちら

関連ソリューション

このページの先頭へ

Juniper(ジュニパー)について

Juniper Networks社は、小規模オフィスから大規模拠点まで適用可能な 次世代ファイアウォール/スイッチ/ルーターなど、 ネットワークとセキュリティを軸に幅広いソリューションを提供している企業です。

Juniper製品ラインナップ ネットワーク機器をお探しなら、Juniper Networks製品をお勧めいたします。以下の製品をご用意しています。

トップページへ戻る

ページの先頭へ