PQRから始まるJunos OS用語集

|ネットワーク機器をお探しなら、Juniper Networks製品をお勧めいたします。

MENUCLOSE
主なカテゴリ

Junos OS用語集Junos OSを搭載したSRXシリーズ/EXシリーズの専門用語集です。Junos OS用語集Junos OSを搭載したSRXシリーズ/EXシリーズの専門用語集です。

P

用語 説明 対象製品 関連項目
packet-forwarding-engine Junos OSのパケット転送機能をつかさどる部分 SRX / EX PFE
PEM Power Entry Moduleの略 (電源モジュール) SRX / EX  
PFE Packet Forwarding Engineの略 SRX / EX packet-
forwarding-engine
PIC Physical Interface Card
I/Fを搭載するハードウェア
SRX / EX FPC
pp0 I/F SRXシリーズにてPPPoE接続を実現するPPPoE I/F名 SRX  
preference Junos OSにてルート情報の優先度を規定するパラメータ
他社製ルータのAD (Administrative Distance) 値と同義
SRX / EX qualified 
next hop

このページの先頭へ

Q

用語 説明 対象製品 関連項目
qualified next hop スタティックルートにおいてpreferenceやmetricによって異なるNext-Hopを指定する機能 SRX / EX preference

このページの先頭へ

R

用語 説明 対象製品 関連項目
RE Routing Engineの略 SRX / EX routing engine
red alarm majorレベルのalarmを示すLEDの色 SRX / EX yellow alarm
redundancy-group SRXシリーズのCC機能にて使用する冗長グループの定義
RG:0はRE専用, RG:1以降にI/Fを所属させ使用する
SRX CC
RG
Rescue configuration ハードウェアスイッチにて呼び出すことが可能なリカバリ用設定
rollback機能でも使用可能
SRX / EX rollback
reth I/F SRXシリーズのCC機能にて使用するredundant ethernet I/F名 SRX CC
RG SRXシリーズのCC機能にて使用するredundancy-groupの略 SRX CC
redundancy-
group
rollback 過去にcommitした設定ファイル(最大50世代管理)をCandidate configurationとして読み込む機能
現在稼動している設定(Active configuration)はrollback 0となる
Junos OSのソフトウェアパッケージ自身のロールバック機能を指す場合もある
SRX / EX Active 
configuration
Candidate 
configuration
commit
Rescue 
configuration
root Junos OSの管理者ユーザ名 SRX / EX  
routing engine Junos OSのルーティングおよび管理機能をつかさどる部分 SRX / EX RE
Routing Policy ダイナミックルーティングプロトコル使用時にルートのImport/Export方法を規定するルール群 SRX / EX  
RSI request support informationの略
このコマンドを実行するだけでおおよそ全てのシステム情報の取得が可能
SRX / EX  
RTG EXシリーズにてインタフェースの冗長化をする際に使用
Redundant Trunk Groupの略
EX  
RTO SRXシリーズのCC機能にて同期するRuntime Object (動的に生成されるARPテーブル情報など) SRX CC

このページの先頭へ

関連ソリューション

このページの先頭へ

Juniper(ジュニパー)について

Juniper Networks社は、小規模オフィスから大規模拠点まで適用可能な 次世代ファイアウォール/スイッチ/ルーターなど、 ネットワークとセキュリティを軸に幅広いソリューションを提供している企業です。

Juniper製品ラインナップ ネットワーク機器をお探しなら、Juniper Networks製品をお勧めいたします。以下の製品をご用意しています。

トップページへ戻る

ページの先頭へ